メトリーモ

*

東京都内で人気の六本木!エリアの特徴と賃貸物件の傾向

   

東京都内にはさまざまな特徴ある街がありますが、六本木もそのひとつ。六本木ヒルズや東京ミッドタウンを中心として、昔も今も東京を代表する街として人気です。もちろん賃貸物件も多く、一般的なマンションだけでなく高級タワーマンションもたくさんあります。

東京で高級賃貸を探すなら、六本木を考えてみるのはオススメ。ここでは六本木エリアの特徴と、六本木にある賃貸物件の傾向を紹介します。

常に時代の最先端を行く街、六本木

東京港区の六本木は東京の中でも知名度が高く、ハイクラスな人たちが訪れるエリアとして知られています。セレブと呼ばれる人や有名芸能人・経営者など、テレビで見かける人たちが生活の場としています。

もちろん六本木にはこうした人だけでなく、一般の人もたくさん訪れています。六本木には六本木ヒルズや東京ミッドタウンを始め、さまざまな魅力ある施設があります。常に時代の最先端を行く街で、新しい生活を始めてみるのもオススメです。

六本木の最寄り駅は東京メトロの六本木駅や麻生十番駅。周りには渋谷や表参道、恵比寿、赤坂など、六本木とはまた違う雰囲気で人気の街があります。アクセスは良好で都内のさまざまな場所へスムーズにアクセスできるため、六本木に住むと便利です。

六本木エリアの特徴や雰囲気、治安を紹介

ここからは六本木エリアの特徴や雰囲気を、より詳しく見ていきます。

仕事や遊びなど、アクティブに活動する人が多いエリア

六本木をよく訪れる人は、アクティブに活動していることが多いです。モデルや芸能人の方は日々の生活を忙しくこなしている方が多く、企業に勤める方や経営者の方も、バリバリと働いてビジネスをしていることが多いです。

六本木には一流企業や有名企業のオフィスがたくさんあり、クラブなどの遊びスポットもあります。「昼間は仕事、夜は友達と遊びに出かける」のようなライフスタイルの人が多く、六本木はいつも都会的でアクティブな雰囲気があります。

また、こうした評判から日本各地の人が興味をもつため、六本木は常に時代の最先端を突き進んでいいるのです。今後もこの傾向は、しばらく続くと言えるでしょう。

広い通りを外れれば、意外と落ち着いた雰囲気で住みやすい

エネルギーに溢れる六本木の街ですが、実は意外と住みやすいエリアでもあります。

六本木は「六本木通り」と「都道319号線」という大通りがあり、この通り沿いは多くの人と行き交う車などで賑わっています。ただ、こうした大きな道路を外れると、落ち着いた雰囲気の街となっています。

六本木はビジネスや遊びのイメージが強く、「住むにはあまり適さないのでは?」と思う人もいますが、そんなことはありません。また、テレビでもおなじみとなった「六本木ヒルズレジデンス」は今も有名芸能人や経営者などが住んでおり、六本木を生活の拠点としている人はたくさんいます。

六本木のカルチャーと、周辺へのアクセスの良さ、さらに意外と落ち着いた雰囲気を考えると、六本木はとても住みやすい場所といえます。

最先端スポットや話題のお店もたくさん!

六本木は常に時代の最先端を行く、東京を代表する街。そのため最新の流行が感じられるお店やスポットがたくさんあり、いつも新しい発見があります。

六本木に住む人は、毎日忙しい生活を送っていることも多いはず。時間を取れたときに自宅の周りを散策すると、「こんなお店ができたんだ」というスポットがよく見つかるはずです。

また、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、国立新美術館などは以前からある施設ですが、定期的にショップや企画展などは変わります。馴染みのスポットにときどき足を運んでみるだけでも、意外な刺激や発見があるはずです。

高級クラブなど、ナイトライフを楽しめるスポットも多い

六本木には高級クラブなどを始めとして、夜を楽しむためのスポットがたくさんあります。

六本木に住む人は昼間をアクティブに過ごす人が多いですが、夜はこうしたスポットでまた充実した時間を過ごすことができます。もちろんこうしたナイトライフを楽しむ施設は人によって向き不向きがあるものの、特に単身の男性や女性にとってはいろんな出会いや発見があって楽しく感じることも多いはずです。

エネルギッシュな人は、朝から夜までしっかりと時間を過ごしているもの。六本木のナイトスポットは言ってしまえば「夜遊び」ですが、こうした遊びの中から生まれる発見や活力が、さらなる仕事へのモチベーションにつながることもあるはずです。

1丁目や2丁目なら、治安も比較的良い

昼間の六本木はオフィス街としてビジネスマがたくさん活動していますが、夜になるとその雰囲気は大きく変わります。上で紹介したようなキャバクラやナイトクラブが営業し始め、外国人もたくさんいるエリアになります。

独身男性でこうした夜遊びを楽しめるなら、六本木に住むのは特に問題ありません。ただ、学生や女性の単身住まい、ファミリーなどの場合、治安の面で少し不安があるかもしれません。

六本木は場所によって雰囲気が変わるため、治安を気にする場合は六本木1丁目や2丁目周辺か、麻布十番に近いエリアで部屋探しをするのがオススメです。六本木1、2丁目のあたりは大使館があり、比較的落ち着いた雰囲気となっています。また、麻布十番は高級住宅街として有名なエリアで、治安は特に問題ありません。

六本木の賃貸物件、ココが特徴

以上のような傾向のある六本木ですが、賃貸物件にも全体的に特徴があります。どんな点が特徴なのか、ここから見ていきましょう。

やはり都内の一等地。高級タワーマンションは多い!

六本木は東京都内の中でも、一等地に属するエリア。賃貸物件の家賃も高い傾向にあり、タワーマンションもたくさんあります。もちろんよく知られている「六本木ヒルズレジデンス」もタワーマンションのひとつで、定期的に空き部屋が出ています。

タワーマンションの家賃は一般のマンションより高く、月20万円や30万円は当たり前。中には月40万円や60万円の物件もあり、さらに100万円を超える部屋もあります!こうした部屋は限られた人しか住めないかもしれませんが、もし予算に合えば都内の中でもトップクラスの満足感・リラックス感を得ることができるはずです。

六本木には六本木駅・六本木一丁目駅・乃木坂駅・青山一丁目駅・神谷町駅などの駅があります。こうした駅の周辺にタワーマンションが複数あるため、チェックしてみてください。

その他の物件も、平均家賃は高め。格安の賃貸も一応ある

六本木にはタワーマンション以外の物件ももちろんあります。ただ、都内有数の人気エリアというだけあり、平均家賃は高めです。

単身向けの1K・1Rで12〜13万円、広い部屋に住みたい人やファミリー向けの1LDK・2LDKは20〜30万円、3LDK以上になると50万円を超えることも多いです。1LDKや2LDKならまだ住める可能性はあるかもしれませんが、3LDK以上はかなり予算的なハードルが高めです。

もちろん月額家賃だけでなく、入居のときには初期費用もかかります。家賃20万円や30万円を超える場合、最初にかかる費用だけでも100万円を超える額がかかることはよくあります。

一応六本木には月10万円ほどで住める、格安の賃貸物件もあります。ただ、こうしたマンションやアパートは築年数が30年や40年など、かなり経っていることが多いです。職場が六本木にあるなどで「部屋は寝に帰るだけ」という場合なら、こうした部屋も考えてみる余地はあります。

スーパーは少なめ。どちらかというと外食が多い人にオススメ

六本木周辺は飲食店やショッピング施設、ナイトクラブなどはあるものの、逆にスーパーは少なめです。自宅で料理をすることが多い場合、六本木に住むと逆に不便かもしれません。日頃から外食が多いライフスタイルの場合、六本木はとてもピッタリなはずです。

六本木のマンションで、新生活をスタートしよう

ここまで紹介したように、六本木は昼も夜も充実した時間を過ごしやすく、日々アクティブに活動したい人にはオススメのエリア。タワーマンションを中心とする高級賃貸物件もたくさんあるため、住むのを検討してみるのはオススメです。

六本木に住むと、周りの人から「すごいですね」「おしゃれですね」と言われることは多いもの。上質な部屋と日本の最先端を行く街で、ぜひこれからの生活も楽しんでほしいと思います。

なお、当店メトリーモでも東京港区の物件を中心に、都内の賃貸物件をご紹介しています。六本木のタワーマンションなども多数ご紹介していますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

 - エリアの特徴