メトリーモ

*

東京都内有数の高級エリア「赤坂」地域の特徴と賃貸物件を解説

   

赤坂は東京都内でも有数の高級住宅街。千代田区と隣接していて、国会議事堂やテレビ局のTBSなど、ほかの地域にはない雰囲気があります。

赤坂には賃貸物件もたくさんあり、ハイクラスな人たちに人気となっています。家賃は高めですがそれだけの価値やメリットはあるため、住むのを考えてみるのはオススメ。ここでは赤坂エリアの特徴や、赤坂にある賃貸物件の傾向を紹介します。

赤坂は著名人が多く行き交う、都内でも格式の高いエリア

赤坂という地名は聞いたことがあることは多いはず。東京都内の中でも格式高いエリアとして知られており、高級住宅街・高級料理店がたくさんあります。

また、赤坂にはテレビ局のTBSがあり、テレビ局員や芸能人、芸能界関係者などが多く訪れる場所でもあります。

赤坂に住むと、こうした雰囲気に常日頃から触れることになります。いつもこうした華やかな空気を感じることで、あなた自身の考え方や仕事への姿勢なども変わるかもしれません。

赤坂の賃貸物件は家賃が高めで、住むためのハードルは高め。ただ、生活を始めたときにはそれだけ大きなリターンが期待できるため、考えてみるのはおすすめです。

赤坂エリアの特徴

赤坂にはほかの場所にはない特徴がたくさんあります。自分に合うかどうかを確認してから住み始めると、より満足のいく充実した生活ができるはずです。

歴史のある高級住宅街

赤坂は江戸時代から続く高級住宅街で、昔は武家や大名の屋敷が建ち並んでいました。こうした屋敷の跡地は現在も富裕層の方が豪邸を建てていて、赤坂ならではの風格を感じさせてくれます。

また、こうした人たちが通った高級料亭も多く営業され、現在でも創業から長い歴史のある料理店が営業しています。

今の赤坂はもちろん、昔と大きく風景が変わっています。ですが赤坂ならではの雰囲気は今もしっかりと受け継がれていて、多くの人たちを魅了しています。

テレビ・芸能界関係者や政界関係者が多く、話題の店が多い

赤坂にはTBSの本社があるため、テレビ・芸能界関係者がよく訪れています。こうした人たちは赤坂で食事をすることも多いため、話題のお店がたくさんあります。

赤坂に住めばこうした料亭やレストランなどを日常的に利用できます。高級なお店だけでなく比較的リーズナブルに食事できるお店もあるため、使い分けると良いですね。

こうしたお店を日頃から利用することで、あなたの感性も磨かれるはず。

よく目にする風景や環境は、気づかないうちに大きな影響を受けています。赤坂の空気をいつも感じることでそれを当たり前に思うことができ、あなた自身の成長にも繋がるかもしれません。

また、赤坂は国会議事堂がある千代田区と隣接しているエリア。そのため芸能人だけでなく、政界の関係者も多いです。

歴史ある高級料亭は赤坂の国会議事堂から近い場所にあります。ときには、長年にわたって著名人に親しまれている料亭へ足を運んでみるのも良いかもしれません。

また、自宅の周辺をふらっと散歩していると、こうした人たちにバッタリ会うこともあります。

落ち着いた雰囲気で、治安は良好

東京はエリアによって治安に差がありますが、赤坂周辺の治安は比較的良好です。

赤坂は歴史ある高級住宅街で、その雰囲気は現在でも変わりません。常に落ち着いた空気が流れていながらも、時代に合わせた新しさも感じられる街となっています。

都内には多くの人が行き交う、エネルギーに溢れた街がたくさんあります。赤坂はこうしたエリアとはまた違う魅力が感じられ、この街ならではの良さがあります。

赤坂は単身で住むにも住むにも適していますが、ファミリーにもおすすめ。女性や子供でも安心して過ごせるため、上質ながらも親しみの持てる街といえます。

坂道が多いものの、散歩にもぴったり

赤坂はその地名の通り、坂道がたくさんあります。そのため徒歩で移動する場合、少し上り下りをしながら進むことは多いです。自転車で移動するときは、坂をちょっときつく感じるかもしれません。

ただ、多少のアップダウンはあるものの、生活にすごく大きな支障があるほどではありません。赤坂のさまざまな坂道からはそれぞれ違った景色を楽しむことができ、ふと周りを見渡すと散歩のときに楽しみが増えます。

赤坂の街からは国会議事堂や弁慶濠などの名所を見ることができます。こうした建物を坂道の違った角度・方向から見ることで、新しい発見があるかもしれません。

赤坂にある賃貸物件の特徴・傾向

ここまでは赤坂の街全体について、特徴を紹介してきました。ここからは赤坂の賃貸物件にどんな特徴や傾向があるのかを解説します。

都内有数の高級住宅地で、家賃はやはり高め

赤坂の賃貸物件はやはり家賃が高め。1Kや1Rの単身向け物件で15万円ほど、1LDKで約25万円、2LDKで約32万円ほどとなっています。

単身向けの物件で考えると、都内の家賃相場は10万円ほどが相場。これに比べると赤坂の相場はやはり高く、人気の高いエリアであることを感じます。

赤坂に住むにはそれだけの経済力があるということ。もちろんお金はかかりますが、赤坂に住むということにはそれだけの意味や価値があるはずです。

タワーマンションも多く、ハイクラスな物件も多数!

赤坂にはタワーマンションがたくさんあり、周辺に広がる眺望を楽しむことができます。

タワーマンションは一般的に高級感あふれる外観・内装と、充実した設備が特徴。赤坂のタワーマンションは特にこの傾向が強く、納得のデザインと住心地が揃っています。もちろんその分だけ家賃は高めですが、いつも赤坂の上質な空間で過ごせるのは、大きなメリットといえます。

また、赤坂の高級タワーマンションは、芸能人や政治家も多く住む物件。「テレビなどでよく見かける人が、実は自分と同じマンションに住んでいた」ということも十分あります。

ほかの地域では芸能人が同じ建物に住んでいることは稀ですが、赤坂では意外とあること。それだけ赤坂がハイクラスな方に人気ということの表れといえます。

格安賃貸の場合、築40〜50年も普通

赤坂は高級な物件が多いものの、中には家賃7万円や8万円など、格安で住める部屋もあります。

ただ、こうした格安物件は基本的に、築年数が高め。赤坂はこの傾向が強く、築40〜50年くらいの物件が多いです。

ほかの地域では築20〜30年ほどで格安物件を探せますが、赤坂の部屋は人気が高いです。そのため家賃を下げて考える場合、築40〜50年ほどの部屋が候補になると考えておきましょう。

どうしても赤坂に住みたい場合はこうした部屋も良いですが、ほかの地域を含めて部屋を探すのもひとつの選択肢です。

歴史ある高級住宅街・赤坂で、新生活をスタート!

ここまで紹介してきたように、赤坂は都内でも高級住宅街として人気が高く、賃貸物件の家賃は高めです。家賃が月20万円や30万円のタワーマンションもたくさんあり、ハイクオリティな部屋と洗練された雰囲気の環境に住みたい場合はおすすめです。ぜひ赤坂で、新しい生活を始めてみてくださいね!

なお、当店メトリーモでも東京港区の賃貸物件をご紹介しており、赤坂の物件も多数扱っています。タワーマンションや低層マンションなど、ご希望に合わせてご紹介させて頂きますので、ぜひお気軽にご相談ください!

 - エリアの特徴